来年のヤクルトの期待はやっぱり小川投手

来年は、ヤクルトに期待したいと思っています。
中でも注目したいのは、小川投手では無いでしょうか。

小川投手は2013年にヤクルト入りをした新人投手です。
ヤクルトの新人の中で初登板初勝利という快挙を成し遂げた素晴らしい投手ですよね。
その後も好成績を残している、注目すべき投手だと思います。

1990年生まれとまだ若い投手なのですが、成績も良く、とても注目されています。

最近は、ヤクルトの小川選手のファンサイトもどんどん出来ているみたいですね。
ヤクルトの中で特に注目されており、期待されている新人投手なのです。

ヤクルトスワローズを応援したい身としては、今後も活躍に期待したい所です。

小川選手は、2012年のドラフトでヤクルトから2位指名を受けてました。
ドラフト一位は石山選手だったのですが、石山選手よりも知名度があり、そのプレイスタイルも注目されていたのです。

小川選手は、身長170cmと野球選手の中では小柄な方です。
しかし、メジャーでも有名なノーラン・アイアンを真似たフォームから繰り出す球は中々攻略出来ないと話題だったのです。

甲子園時代からエースとしてチームを引っ張り、高校大学と野球に勤しんできました。
縦のスライダーや120キロ台のフォーク、チェンジアップにカーブと球種も沢山有り、コントロールセンスも抜群だと言われています。

そんな小川選手が来年はどんなプレイを見せてくれるのか、ヤクルトを引っ張る姿に期待したい所ですね。